スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栖木向 雪葵(すきさき すすぎ)

「さぁ、ゲーセン行くよっ!! 開いてない?朝飯まだ? そんなのどうでもいいっ!!」
「変態!!変態ッッ!!」

meumeu.jpg

スク水ニーソの魔女っ娘
栖木向 雪葵(すきさき すすぎ) イメージCV:かないみかさん

誕生日:11月21日(さそり座) 年齢:16歳 血液型:A型
身長:150cm 体重:43kg B:75(Bカップ) W:53 H:78 
出身国:人間界(ミッドガルド)
家族構成:父、母

好きなもの
- 空を飛ぶこと
- チーズ、ソーダ
- 音楽ゲーム

嫌いなもの
- 寒い日(魔法を使うとより寒くなってしまうから)
- 掃除

魔法について
- 魔力媒介のアイテムが必要ないほど強力な魔力の持ち主。いわく、「箒やオーブは雰囲気を出すためにわざと身につけている」。装飾品を身体につけすぎると魔力が増幅されすぎて、体調に影響を及ぼしたり、力の制御が効かなくなる。
 例えば五芒星のアイテムは記号の面積が大きくなり魔力が増幅されがちなので、オープンスターを好む。
- 得意な属性は水>風。風魔法の知識は日常生活レベルだが、水魔法に関して特に強力。そのため、自分の魔法で濡れても困らないように、服の下に常に水着(スクール水着やマイクロビキニ)を着用している。
 ちなみに、人間界に帰ってきてから花粉症を患ってしまったので、今後もう風魔法を使うことはないかもしれない、と本人は言う。

音ゲーについて
- beatmania IIDXを好んでプレーする。SP九段/DP未取得。階段譜面が得意。V2は敵。
 メインはIIDXだが、KONAMI製品を中心にオールマイティにプレイしている。ゲーセンには週3~4回通っている。

 人間界・ミッドガルド(日本・関西地方)にて生まれる。中学生の時、自発的に行動ができない雪葵を見兼ねた両親がニヴルヘイム(魔界)に彼女を送り出し、冒険家に。しかし「飽きたから」という理由で親の目を盗んで勝手に引退し、今はコーヒーショップでアルバイトをしながらゲーセンに通う悠々自適の日々を過ごしている。高校に通う気はないらしい。
 一人っ子なので、幼少期から両親・祖父母など周りの人間が身の回りのことはなんでもやってくれたので、今でも自分は何もしなくてもきっと誰かが何とかしてくれると思っている。好きな言葉は「永遠不変」。
スポンサーサイト

フランシス・トール

「俺についてくるのはかまわないけど程々にしておいてくれるか」
「あー働け働けとうっせぇの。俺みたいな奴に仕事を任せるやつなんかいねぇよ」

fran_image.png

高卒ニートな魔法使い
フランシス・トール イメージCV:細谷佳正さん

誕生日:12月8日(いて座) 年齢:19歳 血液型:A型
身長:180cm 体重:62kg
出身国:魔法の国(ニヴルヘイム)
家族構成:父、母、従妹

好きなもの
- タオルケット
- 携帯ゲーム機(最近PSP→PSVitaにモデルチェンジした)
- 甘いもの(お菓子やジュースなど)

嫌いなもの
- 暑い日

魔法について
- 武器(というか媒介)は針。両手指に挟むように、全6本装備している。
 高校時代に鍛冶屋に頼んで特注してもらった。
- 専攻分野は戦闘魔法。すべての属性(火、水、土、風)をそつなく使いこなせる。
 強弱の制御もお手の物。

ニヴルヘイムの港町で生まれ育った。高校までは成績優秀で、将来は首都・リトにある最大手の魔法研究所に入所するつもりだった。
しかし、大学受験であろうことか「答案記入欄がいっこずれたまま提出する」というヘマをやらかしてしまい不合格。それまで失敗を経験したことがなく、褒められて育ったフランは初めて挫折を味わい、引きこもりになった。
働かずにひたすらダラダラして過ごしていたらとうとう実家からも勘当され、従妹のセーラの家(雑貨屋)に転がり込みそのまま居候となった。
その際の持ち物が、タオルケットと携帯ゲーム機だけだった。
以前は家事が得意だったが、今ではまったくする気配がない。

人間関係

- セーラ・スーヴニール
  18歳、身長は160cm程度。ニヴルヘイムの港町に住んでおり、家は雑貨屋。店名は「Charmante」(シャルマンテ)。父親が店長を務めており、真面目な彼女は学業の傍ら店の手伝いをよくしている。この雑貨屋にはナナがよく買い物に来る。
  一方で不真面目なフランに毎日「働け」と喝を入れ、ゲームを取り上げ、喧嘩をしている。
  趣味はガーデニングで、育てた花をポプリに加工して商品として販売することもある。

ナナ・スカーレット

「ミーシャ~、おなかすいた~! ナナ、イチゴパフェが食べたいなぁ」
「夜はすることもなくて、ゆっくりするにはいい時間だよね。
 というわけでたくさんお話しようね! お菓子ならたっぷり用意してあるから!」

kouen_image.jpg

火の王女
ナナ・スカーレット

誕生日:1月12日(やぎ座) 年齢:13歳 血液型:A型
身長:128cm 体重:乙女のひみつ♡
出身国:火の国(ムスペルヘイム)
家族構成:父(国王)、母(女王)、姉(第一王女)

好きなもの
- いちごパフェ(一日一つ食べないと気がすまない)
- 雑貨
- ほうきで空をとぶこと
- 人間界の文化

嫌いなもの
- きうい(×_×)

得意分野
- 火の魔法(生活レベル~かんたんな戦闘も可)
- 剣術
 魔法と剣術はどちらも同じぐらい得意だが、どちらもあまり実践的な腕前ではない。

---

火の国の第二王女で、魔界の一流学園「リト大魔法学園」に通っている中学生。

先祖代々より伝わる国の名剣「レーヴァテイン」を国王である父親より幼いころに受け継いだのだが、レーヴァテインを姉である第一王女・リリスではなく第二王女のナナに引き継いだことにはとある理由があるという……。
また、料理や暖をとるためといった生活魔法や、花火のように美しく魅せることを目的とした魔法が得意。

好物はいちごパフェで、リト大魔法学園の前に広がるメインストリートにあるカフェのメニュー「ウルトラベリーミックスパフェ」「4種のベリーサンデー」等を食べるのが日課である。

一国の第二王女ではあるが、姉である第一王女・リリスと違い、一般市民の友人と交流を深めたり、昼食をカフェやファミレスでとる等意外と庶民的。


人間関係
- 第一王女(リリス・スカーレット)
  ナナの姉上。ナナと違って落ち着きがある、淑女といった感じのお姫様。しかし人付き合いが苦手で、権力目的で多数の一般市民から結婚を迫られ続けていたため、男性不信に陥る。
  リリスは魔法はあまり得意ではないが、その代わり剣術がとても得意。ただし国に代々伝わる剣・レーヴァテインはナナに継がれてしまったため、鍛冶屋に特注したレイピアを愛用している。

- 使い魔の黒猫(ミーシャ)
  ナナの使い魔で、オスの黒猫(成猫)。にゃあと鳴くのははしたないことと思っており、極力鳴かないようにしている。
  ナナが幼い頃から共に過ごしているので、躊躇なく小言を言う。弱点はお腹。

- ナナの側近騎士(アルフォート・モデスト)
  年齢は17歳。身長は183cm。ナナと話す時にかがんで目線を合わせてくれるのはアルフォートだけ。

- 王宮魔術師(ディーナ・アランシア)
  14歳。身長は160cm。血液型はAB型。橙色の髪をポニーテールにしており、髪飾りの収集がマイブーム。
  主な仕事はナナや王宮騎士への魔法の教育。仕事がない時は雑務をしている。ナナとは仲のいい友達。

- その他、執事や給仕など

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。